自筆証書遺言の書き方

自筆証書遺言は紙と筆記用具そして印鑑があれば、自分だけで作成することができます。

気軽につくれるのは利点ですが、法律の定めに従った書き方でないと無効となって、効力が生じないことになります。

自筆証書遺言の書き方を知った上で、作成しましょう。

自筆証書遺言の方式の注意点

  • (1)全文を自書すること

    遺言者が遺言の全文を、自筆で書くことが必要です。

    他人に書いてもらうだけでなく、パソコンで作成することも認められません。
    (録音、録画も同様です。)

  • (2)作成した日時を記載すること

    遺言を書いた日を特定できる書き方が必要です。

    「平成○○年○月○日」という書き方が正式な書き方ですが、「○○歳の誕生日」や「平成○○年の元旦」という場合も書いた日を特定できるので、有効とされています。
    (西暦も可能です。)

    これに対して、「平成○○年○月吉日」という書き方は、特定できないので無効となります。

  • (3)署名をすること

    名前の表記も自筆であることが必要です。

    遺言者を特定できるのであれば通称やペンネームも有効であるとされますが、トラブルの可能性を考えると、戸籍のとおりに記載するのがよいと考えます。

  • (4)押印すること

    自筆証書遺言に使う印鑑について、法律の定めはありません。
    認め印や拇印(指印)でもよいとされていますが、トラブルの可能性を考えると実印が望ましいと考えます。

    なお、遺言の文章量が多くて複数枚になったら、前後の紙に契印(割り印)をすることをお勧めします。
    (これもトラブル防止のためです。)

  • (5)加除訂正も法律の定めに従うこと

    自筆で作成するものですから、誤字・脱字をする場合もあるでしょう。
    その場合には、法律の定めに従って加除訂正を行います。

    ただ、加除訂正を正しい方法で行わないと、遺言が無効になってしまう場合がありますので、全文を書きなおしたほうがよいかもしれません。

ページトップへもどる

Copyright © 2012-2016 Kazutoshi Imai. All rights reserved.